意外と知らないおもしろ雑学豆知識10選!

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-08-15 12.09.00

 

知っているようで知らないことはたくさんあり
周りに雑学を多く知っている人がいると
話をきくだけでも面白いですよね。

 

 

雑学を知っていれば博識として人気も上がりますし
自分自身や周りも楽しませられる
人気者となれるなんてこともあります。

 

 

ということで今回は、意外と知らないおもしろ雑学豆知識に注目。
明日から披露していけば、雑学王として人気になれるかもしれません。

SPONSORED LINK

意外と知らないおもしろ雑学豆知識10選

 

知っている知識よりも知らない知識の数のほうが多いですよね。
物事1つに対してそれにまつわる知識というものは膨大な数で
より多く知っている人というのは博識であるとして
周りからも頼られる人気者な気がします。

 

 

たとえ生活をしていく中で役立たない知識だったとしても
意外と知られていない知識というものは
奥が深いものでもあり、おもしろいものでもあり
ちょっとした話のネタにもなるので
知っておいて損はありません。

 

 

雑学や豆知識などを知ると
新たな視野で物を見ることが出来たりして
さらに新しい雑学の発見にも繋がっていくので
知ることの楽しみを得ることもできますよね。

 

 

また、雑学をたくさん知っていれば
周りの人からの人気も高くなりますし
異性からモテるということもあります。
知識を多く持つというのは
思った以上のステータスだといっても過言ではありません。

 

 

ということで今回は、意外と知らないおもしろ雑学豆知識に注目。
意外な事実を知って、話のネタとして披露をしていけば
あなたも人気者になれるかもしれません。

 

 

その1:ガリガリ君

ガリガリ君

皆大好きガリガリ君。
安いし、当たりが出ればもう一本という夢の様なアイス。
実は当たりの確率は4%なのです。

 

 

その2:ジャンケン

ジャンケン

地域によっては異なるかもしれませんが
一般的にジャンケンの合図は「最初はグー」ですよね。
実は発案者は志村けんさんなのです。

 

 

その3:競馬

競馬

競馬中継で、ゲートが開く「ガシャン」という音は
スタートの合図としては本当に気持ちが良いものです。
しかし実はあれ生音ではなくて
音声さんがタイミングを合わせて出している
効果音なのです。

 

 

その4:東京駅

駅

多くの人が集まる東京駅。
1日で2億6千万円も稼ぐのだそうです。
ちなみに新宿駅は1日に1億6千万円だということ。
さすがですね。

 

 

その5:シャアザク

ガンダム

シャアザクの色が何故ピンク色なのか疑問に感じていた人も
多いかもしれませんね。
実は制作していたサンライズに
当時ピンクの絵の具が大量に余っていたため
ピンク色なのだそうです。

 

 

その6:ディズニーランド

ディズニー

千葉県浦安市にあるディズニーランド。
しかし過去にはもうひとつディズニーランドが存在をしていて
日本橋三越の屋上に期間限定であったということ。
クオリティも高く、シンデレラ城からメリーゴーランドまで
本格的だったみたいですね。

スポンサードリンク

その7:トイザらス

数年前まで、トイザらスのCMでは
「子どもでいたい、ずっとトイザらスキッズ」
といったものが流れていましたが、今では見ることができません。
これは近年ニートやひきこもりが増加傾向にあるということで
放送中止になってしまったようです。

 

 

その8:マルボロ

たばこ

懐かしのマルボロのカウボーイ。
様になっていてかっこいいですが
実はこのマルボロの看板カウボーイは
肺がんで亡くなってしまったということ。
ある意味、意味がわかると怖い話ですね。

 

 

その9:花沢さん

花沢さん

サザエさんでは欠かせない登場人物の花沢さん
あれだけ存在感が濃く、カツオとは中島くん同様に
セットな存在でもありますが
原作では登場しないキャラクターなのです。
ちなみに、カオリちゃん、リカちゃん、サブちゃんから
穴子さんまでいないということも。
ほとんどがアニメオリジナルだという衝撃の事実です。

 

 

その10:雑学だけあっても

雑学

雑学がある=博識である=頼りがいがある=人気者
というのは事実ではありますが
雑学だけ知っていればモテるわけではありません。
雑学でモテるには雑学以外の要素も必要だということです。

 

 

以上、意外と知らないおもしろ雑学豆知識10選でした。

 

 

個人的に驚いたのはサザエさん。
アニメでは人気もあり物語の主要人物である面々が
アニメオリジナルキャラクターだったと思うと
驚愕の事実ですよね。

 

 

最後のは豆知識というよりも心得に似た感じですが
いくら雑学をたくさん知っていて、披露して楽しんでもらえても
それだけでは人気者になれる、モテるとは限りません。
話し方や嫌味のなさ、雰囲気など様々な要素があってこそ
雑学を披露して人気者になれるというものなので
雑学を披露する際はあまり天狗になりすぎないようにすると
謙虚で物知りな人、ということで好感度アップに繋がるかもしれませんね。

参照:http://matome.naver.jp/odai/2134111249148062401

 

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。