上手な異性との別れ方4つのポイント!未練や後腐れのないように。

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-08-19 11.59.02

 

どんなに好きでも愛し合っていたとしても
絶対わかれないとは言い切れず
2人の関係にピリオドを打つということは
少なくありません。

 

 

破局が楽しいという人はそうそういないと思いますし
多くの人が別れについて重荷に感じることや
面倒くさいと思うこと
出来れば後腐れなくすっきりと別れたいと
思うものです。

 

 

ということで今回は
上手な異性との別れ方4つのポイントに注目。
未練タラタラともお別れです。

SPONSORED LINK

上手な異性との別れ方4つのポイント

 

恋人と別れるのは面倒臭いものですよね。
しかし一緒にいる意味も、かつての愛情もなくなれば
破局の道を選ぶ人は少なくありません。

 

 

何故面倒くさいかというと
やはり重荷に感じることがあったり
未練や後味の悪さなど
今まで一緒にいただけあって
面倒臭さ、罪悪感、または悲しみなどが
人を襲ってしまうもの。

 

 

なかなかかつての恋人とは
上手く別れることができたという人は
少ないかもしれませんね。

 

 

自分から別れを告げるのであれば
相手がもしかしたら未練タラタラで迫ってくるかもしれない
相手から告げられるのも悲しい。

 

 

別れが近づく瞬間はなんとなく一緒にいれば
もうそろそろ限界なのかも…と
予感はしてくるもの。

 

 

そんなときに円満に別れられるような
上手な別れ方をすれば
後々後悔することや不愉快な思いをすることも
少なくなっていきますよね。

 

 

ということで今回は
上手な異性との別れ方4つのポイントに注目。
好き合って一緒になったのならば
別れもできるだけ笑顔でいきたいものですね。

 

 

その1:お互い目の前で連絡先を消す

未練が残ってしまう理由の一つには
連絡をいつでもできる、連絡先が目についてしまう
ということがあげられますよね。

別れた後友達に戻るというのならば必要ないかもしれませんが
そんなつもりもなく、これで終わりと思うのならば
本来連絡先の必要性はありません。

後々後悔や未練を残さないように
連絡をたまに取り合うような中途半端な関係にならないように
別れる時にお互い目の前で連絡作を消せば
本当に関係を終わりにすることができます。

 

連絡先がなければ、連絡のしようもないので
未練や後悔が残っていたとしても
諦めがつきますよね。

 

 

その2:メールや電話じゃなくて直接会ってから

付き合うことが合意の元ならば、別れるのも合意の元。
しっかりときちんと別れなければ
関係があやふやになってしまったり
釈然としないままに別れてしまい、
結局未練が残ってしまうというケースは多くあります。

 

メールや電話、LINEなどが楽だし
会うのも嫌だから、重たくなるからということで
別れ話を済ませようとする人もいますがこれはNG。

直接はっきりと別れを告げなければ
本当に破局をしたのだろうか?という疑問が残りますし
喧嘩の多いカップルならば、喧嘩の延長線かも
で済まされてしまうこともあります。

 

別れるということは最後の瞬間でもありますから
一方的に振られるということを防ぐことも考えて
2人で別れるということに合意をし
しっかりと別れるほうが、さっぱりとしていいでしょう。

 

 

その3:第三者を加えて別れ話

別れ話になるときには、2人の関係が悪化している
ということがほとんどかもしれません。

なので冷静な話し合いをすることができずに
喧嘩をしてしまうということや
もし相手が重たく未練たらたらの場合などは
ストーカー化してしまうこともありえます。

 

冷静な話し合いのもと別れられないと思うのならば
第三者を加えて別れ話をすることがオススメ。
どちらかが悪いかというよりも
第三者がいたほうが客観的な意見をきくことができ
お互いに冷静に話し合うことができるので
わりと円満に別れることができる方法とも言えます。

スポンサードリンク

その4:別れ話の台本を作る

たとえ相手に非があったとして自分が愛想つきたとしても
別れ話をするというのが緊張しますし
いざ相手を前にしたら言いたいことがえいなくなるなんてこともありますよね。

 

そんな時には台本を作っておくのがいいでしょう。
別れたいこと、その理由などをしっかりと書き
本番のために台本で練習をしていくことによって
頭の中が整理され、言いたいことが言えなくなる
ということを防ぐことができます。

 

 

以上、上手な異性との別れ方4つのポイントでした。

 

付き合うことを振り返っていると
お互い納得した上で付き合っているパターンが多いですが
その反面で破局というのは
どちらかが納得していない状態で別れる
ということが多くあります。

 

そうなれば未練が残ったり
後々面倒くさいことや、最悪ストーカー化するなんてことも
ありますよね。

 

4つのポイントをみてみると
どれもが共通して【お互い別れたことをしっかりと認識する】
ということが言えるかと思います。

 

本当に別れたのだろうか?という疑問が
未練や誤解を生んでしまうわけですから
お互いしっかりと会ったり話し合った結果で
別れることに同意できた場合には、後々のトラブルを防ぐことが
できるようにもなります。

 

 

元恋人とのトラブルを抱えている人は
いい出会いも遠ざかっていくものなので
すっきりと過去の恋愛は終わらせて、新たな恋愛を楽しみましょう。

参照:http://news.livedoor.com/article/detail/9123609/

 

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。