写真の写りを良くするコツ4選。知らないと損するかも。

この記事は3分で読めます

写真うつりに自信がありますか?
自分が良く写る写真の撮り方は知っていますか?
そう聞かれて、YESと自信たっぷりに答えられる人って
そうそういないかもしれません。

 

 

写真写りを良くしたいというのは
おそらく誰もが一度は思ったことがあるでしょう。
ということで今回は
写真の写りを良くするコツ4選
注目していきます!

スポンサーリンク

写真の写りを良くするコツ4選

写真というのは
現代においてもはや頻繁に撮られているものであり
友人や恋人との写真や自撮り写真など
SNS上などにもたくさんUPされていますよね。

 

 

そういう人たちをみると
写真写りはやっぱり良くて
さすがに頻繁に撮っているだけあるなと
感じるものです。

 

 

実際写真をあまり撮らない人や
撮りなれていない人だと
どういった角度がいいのか、コツもわからずに
満足行くものがなく
周りとの差を感じてしまうことも。

 

 

そういったことって
集合写真を撮った時などには
より一層周りとは大差を感じるもので
自分だけキマっていない感じがして
写真嫌いになってしまいますよね~。

 

 

そんな写真写りにお困りの人へ
写真の写りを良くするコツ4選
今回は注目していきます。

 

 

知らないと損!周りはこうしている!
そんなコツをつかんで
自分も写真写りのいい自分へと
変身していきましょう!

 

 

■ 顔の左側を見せる ■

人には魅力的に見える角度というものがあるので
それを知っておくだけでも写真写りはかなり良くなるのです。

 

カメラを前にして真正面よりかは
やや顔の左側を見せるように意識をすれば
あら不思議!顔も魅力的に見えるだけではなく
体のラインもほっそりと見せる効果もあるのだとか。

 

これはたいていの人は顔の左側は魅力的に見える
という結果が科学研究において証明されているようで
なかなかキマらないという人は試してみる価値はあるかもしれません。

 

女性はメイクの際に、左側の目尻、眉尻をやや気持ち長めにすると
さらに効果的のようですよ。

 

■ 最前列には立たない ■

遠近法とはご存知だと思いますが
写真を撮る際にも重要なポイントとなります。

 

最前列に立つことによって後列に並ぶ人と比べると
顔や体が大きく見える錯覚が生じます。
特に顔の大きさはかなり違ってくるので避けたいところ。
また、一番端も間延びして横広がりになってしまうので
気をつけたいポイント。

 

小顔効果などを見せたい場合は、一歩引いた立ち位置や
グループ写真では後列中央がベストです。

スポンサードリンク

■ 舌を歯の裏におさめる ■

写真に欠かせないのが笑顔。
しかしどことなく上手く笑うことができずに
引きつった笑いや思わず真顔になってしまうという人も多く
笑顔は結構難易度が高い表情。

 

そんなときには
舌を歯の裏に入れることを意識してみると◎。

 

笑顔は微笑む程度が丁度いいので
舌を歯の裏に入れることによって
歯がむき出しになり下品な笑顔にならなかったり
顔が大きく見えてしまうこともあります。

 

最大笑顔の80%くらいの気持ち
舌を歯の裏に入れ、微笑んでみると
素敵な笑顔が作れること間違いなしです。

 

■ 「チーズ」ではなく「マニー」 ■

「はい、チーズ」
は、お馴染みの掛け声ですが
いいながら笑顔を作るというのは結構難しいですよね。

 

素敵な笑顔の形として、「い」「E」の口の形が
最も魅力的だと言われているので
チーズ、ではなく、マニーとしてみると
自然な笑顔を作ることができるのだとか。

 

なかなかマニーとは言い出せないかもしれませんが
どこか笑顔がぎこちなくなってしまうという人は
勇気を振り絞ってみましょう。

 

 

 

写真の写りを良くするコツ4選観てきましたが
結構裏ワザ的な感じでしたね!

 

 

ポジションや表情の作り方によって
写真の写りは大きく良し悪しが変わってくるので
4点を意識してみると
ポジション、角度、表情や自然の雰囲気を
全てまとって最高の写真写りを実現できるかもしれません。

 

 

表情に関しては
いきなり作るのは難しいという人も多いので
日頃から鏡の前で練習をしておくと
日常生活においても素敵な笑顔を作ることができるようになるのでオススメ。

 

 

今回注目した4選を参考にして
写真写りが良い!と言われる写真好きに
是非なれるようにがんばってみましょう!

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。