創造性豊かな動画ランキング!

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2014-08-07 18.54.46

 

ネットサーフィンをしていると、面白い動画を見つけて
さらにその動画がから面白い動画に飛んでしまってと
そのループを経験したことがあるというのは
一度は誰もが経験したことあることなのではないかと思います。

 

特に動画といえば、面白い動画から感動するもの
または意味がわからないけれど惹かれてしまうものなど
多くの動画が存在をしていて、飽きることをさせませんよね。

 

ということで今回は、創造性豊かな動画ランキングに注目!
知っている動画から知らない動画までチェックしてみて
是非観てみてくださいね。

SPONSORED LINK

創造性豊かな動画ランキング

 

ネットには様々な動画がたくさん存在をしています。
動画目当てでネットをするという人も多いかもしれませんね。

 

特にパソコンの知識を必要とせずに、ある程度ネットさえ使えれば
十分に楽しい動画を見つけることができますし
動画を見ていて1日が終わってしまった…という経験を持つ人も
多いかもしれません。

 

 

動画の中には創造性豊かなものがあったり
人を惹きつける魅力を強く持つものもあり
そういったものを見ると感動を覚えてしまいますよね。

 

 

ということで今回は、創造性豊かな動画ランキングに注目。
アメリカで選ばれた「最も素晴らしいクリエイティブな映像広告」
ということで、早速みてみましょう。

 

 

10位 ギネスビール

色々なものを使った、かなり長いドミノ倒しがメインとなる動画。

その規模は車や火などを使っていたりと演出もダイナミック
ドミノの最終ゴール地点で、ようやくビールの動画だということに気付かされるなど
かなり手の込んだ、そしてタイミングも重要な作品ですよね。

 

9位 Skoda(自動車メーカー) Fadia

どこかディズニー映画を見ている気分になる歌声と共に
作られていくお菓子から出来ていくのは、巨大な車のお菓子!
細部にもこだわっている様子も伺えるのもあり
子供の頃、お菓子の家に住みたいと思ったことがある人には
この車も欲しい!なんて思ってしまうかもしれませんね。

 

 

8位 SONY ブラビア

最初は数える程度だったボールが、数えきれないほどに増えていき
坂を色とりどりに跳ねながら下っていく風景は
キャンバスに描かれた絵の具にも見えますし
カラフルな水しぶきのようにも見えます。
かなりアートな作品ですよね。

 

 

7位 NIKE

映画の予告を見ているかのようにスタイリッシュで
最低限の色しか見せていないところなどがかっこいい。
NIKEのCMということもあって、スポーツのCMになっていますが
演出や出てくる小道具などを見ていると
アクション映画のような気もしてくる、かっこいい動画です。

 

 

6位  ギネスビール

モノクロを徹底しているところが渋くてかっこいいですが
とにかく波の動きと、馬が駆ける姿が見事にマッチしていて
そんな波に乗るサーファー達が絵になっています。
10位同様、最後までみないとビールとわからないところも
またいいのかもしれません。

 

 

5位 Volkswagen VW Golf

緊張感溢れるようなアクション映画にも負けない演出
かっこいいですし、スーツ姿で戦うというのも
なかなかの見どころがあると思います。
逃げぬいた先が車の工場というところも
面白い演出ですよね。

 

 

4位 Apple Macintosh

どこか宇宙映画のような、不思議な舞台を思わせていて
レトロな感じの動画になりますが
あのAppleの動画と思うと、ギャップを感じてしまいます。
1分とわりと短めながら、インパクトはかなり大きめですね。

スポンサードリンク

 

3位 Big Yellow Self Storage Company(レンタル倉庫)

とある一室に、波野動きと合わせたガラクタが押し寄せている動きは
レンタル倉庫の動画としてみると、どこかリアリティがあります。
しかしそれを再び流れるようにダンボールにしてしまうというのも
倉庫のCMとしては簡潔でわかりやすさがあります。

 

 

2位 Samsung

映画の予告やプロモーション、メイキング映像を
観ているかのように思える動画ですが
羊たちをコントロールしていて、
それを上空から見ると…?
やろうと思ってできることでもなさそうなだけに
感動がすごいです。

 

1位 HONDA

ピタゴラスイッチのようなからくり装置が
メインとなる動画。
観ていてわかるとおりに、編集している箇所も見当たらないため
全てが繋がっているというのが単純にすごいです。
最後に車が動き出すというのも、HONDAらしさがありますね。

 

 

以上、創造性豊かな動画ランキングでした。

 

さすがアメリカで話題になっただけあって
どれもハイセンス、ハイクオリティなので驚かされ感動します。

 

どれもが共通して、簡単にできるものではないことが
より人を惹きつける魅力になるのかと思いますし
今後もこういったクリエイティブな動画が増えていきそうですね。

 

ネットには他にもそういった動画がたくさんあるので
自分好みのものを見つけてみるのも面白いと思います。

参照:http://matome.naver.jp/odai/2131540271104002001

 

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。