SNS疲れ原因ランキング!知っておきたい症状や対処法とは?

この記事は3分で読めます

ネットが普及して多くの人がSNSを利用して
友達、家族、恋人、ネット上のフレンドと
コミュニケーションを当たり前のように取る時代になりました。

 

 

だからこそ垣間見えるSNS疲れ。
今回はSNS疲れ原因ランキングに注目。
SNS疲れで起きてしまう症状や対処法は?
知っておきたいSNS疲れ情報をピックアップしていきます。

SPONSORED LINK

SNS疲れ原因ランキング!

今は数多くのSNSが存在をしていて
多くの人が各々自分の好きなSNSで
友達の近状を知ったり、自分自身もUPしたり
楽しんでいるでしょう。

 

 

最早どこかに行く度にSNSには写真をUPする!
という人もいると思いますし
それが普通になってきていますよね。

 

 

芸能人も利用していることも多く
そんな芸能人と繋がれる
いち早く情報を手に入れることができるということで
やっている人もいるでしょう。

 

 

同級生とつながったり
趣味などで知り合ったネット上のフレンドだったり
そういった繋がりを求めるのも
SNSの醍醐味だと言えます。

 

 

そんなやっていて当たり前とも言えるSNSですが
だからこそ今問題になっているのがSNS疲れ

 

 

実はSNSで疲れ果ててきている…
SNS疲れの自覚はなかったけど
もしかしたら疲れているかも…
そんな人も急増してきているのだとか。

 

 

ということで今回は
SNS疲れ原因ランキングに注目!
自分は疲れていないか…当てはまるものがないか
それと照らしあわせて見てみるのもオススメです!

 

 

では早速見て行きましょう!

 

 

第10位 ネガティブツイートばかりしている

第9位 人付き合いの関係で嫌々友達リクエストの承認

第8位 度々他人が炎上しているのが目に入る

第7位 自分の友達の数が可視化される

第6位 ネガティブツイートばかり目に入る

第5位 ソーシャルゲームの誘いが頻繁にくる

第4位 いいね!がほしくて投稿ばかりしている

第3位 毎日フォロワー数をチェックしている

第2位 各SNSとTwitterを連携している

第1位 毎日Twitterにべったり張り付きでみている

 

 

以上、SNS疲れ原因ランキングでした!gooランキングより抜擢

 

 

こうしてみてみると

【簡単に投稿できるからこその悩み】【簡単に人と繋がれるからこその悩み】
【周りの目を気にしてしまう】【情報の多さ】

が主な悩みとなり、疲れとなっているのがわかりますよね。

 

 

特に1位のTwitterに関しては
フォロー数が多ければ多いほどに
簡単に一言でもつぶやけるTwitterだからこそ
ツイートや情報を追うのが大変で毎日べったり張り付いてしまう
ということが当たり前になってきているのが辛いと思っている人は
かなり多いということ。

 

 

他にも「他人のリア充度と自分を比べてしまう」ということから
疲れが出てしまう人もいるようで
良くも悪くも情報や近状が簡単にUPできるからこそ
自分にネタがなければ辛くて疲れてしまう人が多いようです。

スポンサードリンク

知っておきたい!症状や対処法とは?

SNS疲れになってしまうと
もちろん症状が現れてしまうこともあります。

 

 

まずのめり込んでしまうことによって
【睡眠不足】になってしまうこともあれば
ネットで十分人と関われるから/常にチェックをしておきたいから
ということでSNSにいつでもどこでも張り付いてしまい
【人間関係が崩壊】してしまうことも。

 

 

お店のように何時に開店をして閉店をするということもなく
24時間見ることができるので時間間隔を忘れてしまったり
返信やいいね!がないこと、自分と他人を比べてでる不安や
フレンド数が減っていることによってマイナス思考になってしまい
【うつ状態】【ネガティブ思考】になってしまうことも少なくありません。

 

 

匿名性が高いということもあって
謗中傷を簡単にすることができるようになるために
【自制心がなくなる】【口調が悪くなる】
など性格的な面でも影響がでる場合も。

 

 

これらはほんの一部でもありますが
SNSにのめり込んでしまうことによって
【SNSが中心の一日になってしまう】ことが大きな原因になって
こういった症状が出てきてしまうと言えます。

 

 

こうならないためにもなるべくのめり込まないように

『SNSを見る時間を減らす』

ということが何よりの得策ではあるものの
なかなかそれが出来ないのも事実。

 

 

ちょっとずつでも見る時間を減らせるように努力をしてみたり
このままではマズイと思ったらSNSを退会・休止してみるといいでしょう。

 

 

また一日中ネットに触らずに
外で気分転換をしてみるというのも◎。
そうするとSNSに投稿をしたくなってしまいますが
あえて我慢することによって「SNSにとらわれない自分」
無理やりにでもなることができます。

 

 

それに慣れてくればだんだんSNS依存をなくすことができ
SNSは日常生活の中心ではない、単なる一部である
ということに気づくことができるため
心にも余裕が出てくるでしょう。

 

 

SNSは便利だからこそハマってしまえばデメリットが多いもの。
SNS疲れによって本来の自分自身を見失わないためにも
節度を持ってやるように心掛けていきましょう。

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。