仕事ができる男はかっこいい!学ぶべき共通の特徴ランキング!

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2014-08-30 15.04.04

 

何かを出来る人とか、頑張っている人というのは
魅力的なものですよね。

 

 

特に大人になればなるほどに、仕事の出来る人というのは
憧れられますし、目標でもあり、とても魅力的に映るもので
かっこいいと言われるものです。

 

 

今回は仕事ができる男はかっこいい!
学ぶべき共通の特徴ランキングに注目。
仕事ができる男は何が違うのか。
注目です。

SPONSORED LINK

仕事が出来る男 学ぶべき共通の特徴ランキング

 

 

仕事が出来る人が好き
と、好みの男性のタイプに条件として挙げる女性も
少なくはないかもしれません。

 

 

仕事が出来る人というのは、男女限らずに
要領よく物事を処理する能力があったり
コミュニケーション能力や、知識の豊富さなど
かなり魅力的な人でもあります。

 

 

どんな職種にしたって、仕事の出来る人というのは
仕事の中心や人の輪にいたり
そういう人って、プライベートに関しても充実していたり
キラキラしているものですよね。

 

 

自分は何故仕事ができないのか
仕事が出来る人とは何が違うのか。

 

 

そういうことを一度は考えたことがあるという人も
多いと思いますし
出来ることならば、自分がその仕事ができる男になって
仕事でも女性からでも頼られる魅力的な人物になりたいところ。

 

 

ということで今回は
仕事ができる男はかっこいい
学ぶべき共通の特徴ランキングに注目。
仕事ができる人の特徴をもとに
早速みてみましょう。

 

 

9位 語尾をハッキリさせる

語尾が曖昧な人っていますよね。
「たぶん」「おそらく」「だと思います」「なるべく」etc…
曖昧な語尾や言葉遣いだと、相手に対して明確に情報を伝えることができず
どこか不安定で頼り無い印象を与えてしまいます。

こういった言葉というのは、時に保険になりますし
断定をして失敗した時のことを考えると、多くの人が使いがち。

 

しかし仕事が出来る人というのは、自信があり、たとえどんな小さなことでも
確かな情報や言葉を伝えることをします。
そうすることにより、頼りがいを相手に与えるため
信頼されることも多いみたいですね。

 

8位 ボールの保持者をハッキリさせる

仕事というのはほとんどの場合、チームプレイですよね。
周りと協力して、それぞれの担当や任された仕事をこなして
1つの仕事をしていくものです。
野球で例えれば、それぞれボールを投げ合って進めていく感じですね。

しかし中には、面倒臭がって自分の仕事を満足にしなかったり
誰かがやってくれるだろうという気持ちであったり
都合良く解釈をして、できるだけ楽になりたいと考えがち。

 

仕事が出来る人は、誰がどんな役割を担っているのかというのを
明確に判断しつつ、ボールは誰が今持っているのか
というのをしっかりと把握しています。
それによって臨機応変に対応したりするので
ちょっとしたミスなども防ぐことができるだけではなく
そのチーム全体の気を引き締めていますよね。

 

7位 メモを取る

何事もメモを取る人というのは、出来る人に共通のことだといえます。
些細なことでも、メモを取ることによって
自分の記憶だけではない、正確な情報を捉えておくことができる
ミスも少なく、周りからの信頼も厚いといえるでしょう。

 

6位 条件反射でしゃべらない

仕事ができる人は、よく考えてから発言をしたり実行をしたりします。
感情的にならずに、自分の気持ちを割りきって判断もしないので
いつでも冷静な判断をすることができると言えるでしょう。

なので条件反射で喋ることもなく、人の話に口を挟まないで
冷静に話の内容を理解し、自分の意見や考えも頭のなかで考えているので
客観的でいられ、それが仕事につながっているといえます。

 

5位 残業前提で仕事しない

思い返してみると、仕事ができる人というのは
帰宅も早いという印象がありませんか?
だからといって仕事を疎かにしているわけではなく
完璧に自分の仕事を終わらせた上で帰宅をしているので
一体どうしてそんな早いのかと驚くものです。

 

仕事が出来る人というのは、できるだけ効率的に
二度手間にならないようにとタイムスケジュールを思い描いているので
集中力や作業効率のスピードはピカイチ。
残業でやればいい、またあとでやればいい
など、後回しにしないというのがポイントですね。

 

4位 目的を意識している

本質を掴んでいる人は、仕事の効率を考えるのが上手だと言えます。
何故、なんのために、目的は、ということをしっかりと意識し
明確な答えを持っているため、仕事中あやふやになることはありません。
それが周りからの信頼にもつながりますし
自分自身も目的に向かって前進しているだけなので
脱線せずに、仕事を行うことができるといえます。

スポンサードリンク

3位 自発的に One More Thingをつける

仕事が出来る人は、常にbetterを目指す姿勢があります。
目標や結果は勿論ですが、それにくわえて何かアレンジする
プラスアルファを取り入れることができるため
仕事をしている仲間としても嬉しいものですよね。

決められたことだけではなく、自分の意見まで取り入れてみる
仕事場のやる気にも繋がっていきますね。

 

2位 メールのレスが早い

仕事ができる人というのは、人とのコミュニケーションもとれている
といえます。
それはメールのレスにも関係していて、わかりやすく簡潔に
内容を返信してくれるので、相手からしても次の行動に移りやすいといえますね。

 

忙しいとメールの返信が遅くなりがちということもありますが
これも後回しにしないこと、に共通しているといえますね。

 

1位 時間を守る

仕事が出来る人というのは、時間をしっかりと守ります。
5分前行動は当たり前ですし、仕事の納期もきっちりと守っていきます。

時間を守ることによって余裕ができ、もし万が一何かがあったときには
臨機応変にすぐに対応でき、慌てることなく処理をすることができると言えるでしょう。

また、上下関係によって時間を守らない人というのもいますが
部下からしてみれば、少し引いてしまいますし、距離を置きたくなるもの。
誰に対しても時間をきっちり守る人というのは
信頼され、仕事を任される人になっていくので
仕事が出来る人といったも過言ではないでしょう。

 

 

以上、学ぶべき共通の特徴ランキングでした。

 

こうしてみると、仕事は関係なく
プライベートにおいても当たり前のことを当たり前にこなす人
というのは仕事ができる人の共通点として挙がっていることがわかります。

 

仕事上、色々な知識や経験に左右されることもありますが
基本中の基本を備えているだけで、気付けば仕事が出来る人になっていると思うので
今回紹介したランキングをもとに
是非仕事ができるかっこいい男を目指して、頑張ってみましょう。

参照:http://blog.sixapart.jp/2013-04/nine-moments.html

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。