教科書ハイレベル落書きランキング!

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-08-17 14.31.51

 

学生時代を振り返ってみると
青春の1ページを思い浮かべることもあるかもしれませんが
授業中暇だったりして
教科書の1ページに落書きをしたことがあるという人は
多いかもしれません。

 

 

今考えればなんであんなもの書いたのだろうと思うものの
見返してみると面白いものだったり
ネット上でも落書きした画像などもUPされていたりして
面白いですよね。

 

 

ということで今回は、教科書ハイレベル落書きランキングに注目。
教科書の落書きはここまでハイレベルになっていた。
青春の1ページと共に、教科書の落書きを思い出しながら
見てみましょう。

SPONSORED LINK

教科書ハイレベル落書きランキング

 

昔の教科書を見返してみると
授業の時に退屈だったのが大量に落書きしているのを見つけたり
現在学生だという人も、暇な授業や講義の最中には
うっかり落書きしてしまっているという人は多いかもしれません。

 

 

大人になれば、まじめに勉強をしていればよかった
落書きをしている場合ではないと思いつつも
そういった落書きも学生の特権ですよね。

 

 

ネット上では教科書やプリントなどに落書きした
ということでUPしている人もいて
人気のある画像の1つとして盛り上がっています。

 

 

ということで今回は
教科書ハイレベル落書きランキングに注目。
授業中暇だと思ってしまうのは、仕方がないことですよね。

 

 

10位

英語

クオリティが高すぎて元のイラストがどんなのだったか
よくわからない状態の落書きです。
これは英語の教科書で、学生時代使ったことがあるという人も
いるかもしれませんが
英語の教科書って落書きしやすいイラストばかりでしたよね。

 

 

9位

パンツ

この図形をみて、なんとなく何かに似ているんだよな
と悩んだ学生時代。
なるほどそうだったのか、と妙に納得してしまう落書きです。
数学の時間も楽しくなりそうですね。

 

 

8位

続かない

英語の問題は次のページに続 かない
まさに落書きに願望が現れた瞬間です。
スピード感も溢れていますね!

 

 

7位

リヴァイ

一瞬なんだかわからないですが
人気漫画の人類最強さんが混じっちゃっています。
もともと気品溢れる感じなので妙にマッチしていますが
ダンスも人類最強かもしれません。

 

 

6位

小説家

イマドキの髪型に大変身した作家たち。
髪型でこれだけ印象が変わるのかと驚かされますが
もし現代にいたら、また違った作風の作品を
仕上げそうですね。

 

 

5位

立体機動

リレーで立体機動装置を使うことができれば
誰もが勝てる気もします。
対戦相手が巨人ならば命がけのリレーになりそうですね。

 

 

4位

駆逐

大人気進撃の巨人も、落書きに登場する回数も多いみたいです。
しかし間違っても巨人ではなく、車を駆逐してはいけません。

スポンサードリンク

3位

銀魂

これはかなりハイクオリティですよね!
銀魂にハマって日本史強くなったという人も多いので
成績が上がったという人も多いかもしれません。
彼らが教科書に登場していたら授業も楽しくなりそうですね。

 

 

2位

伸びた

かなりレベルが高い落書きです!
おそらくのび太くんの頭にはこういった知識は
ほとんど入っていないかもしれませんが
酸化型オルトシアニン・のび太とか
めちゃくちゃ強そうな感じです。

 

 

1位

大量発生

渾身の力作。
もはや誰が誰だかわからない、ピカチュウとドラえもんに
線量されてしまった教科書。
もし友達にこの教科書を貸すことがあれば
友達は授業中に吹き出して、廊下行きになるかもしれません。

 

 

以上、教科書ハイレベル落書きランキングでした。

 

 

アイディアやデザイン性、発想力がピカイチといっていいほどに
レベルの高い落書きの数々です。

 

どれだけ授業が暇だったんだよ、と思いたくなるものの
これは落書きを見るたびに授業も楽しくなりそうですよね。

 

 

特に最近では進撃の巨人の落書きが多いようで
作品の人気の高さが伺えます。

 

 

落書きは思い出として残るので
学生の人は授業をほどほどに聞きつつ
落書きを楽しむスクールライフを送ってみるのも
10年後などに振り返った時に面白いかもしれませんね。

参照:http://matome.naver.jp/odai/2134775465740299201

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。