一時帰国あるある!やっぱり日本はいい国だ!

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-08-11 16.28.27

 

日本人でも海外に住んでいるという人は多くいます。
長い間、海外暮らしをしていると、日本での生活のことをすっかりと忘れてしまい
一時帰国をした際に、改めて日本の良さを感じることがあったり
海外との大きな違いなどに驚かされることもあるみたいですね。

 

ということで今回は、一時帰国あるあるに注目。
やっぱり日本はいい国だ!そう思えるって、素敵なことですね。

SPONSORED LINK

一時帰国あるある

外国人はよく、「日本は素晴らしい国だ」ということを耳にします。
マナーや態度、優しさから丁寧さなど
日本人としては普段当たり前のようにあることでもあるので
気づかないことが多くありますが、外国からは日本のそういったところが
高く評価されていますよね。

 

日本人の中には海外暮らしをしている人も多くいて
日本に一時帰国をしたときなどに、日本の良さなどに気づくということが
多くあるようです。

 

ということで今回は、一時帰国あるあるに注目。
普段何気なく私達がしていることは、外国からみると
とても素晴らしいことだったのかもしれません。

 

その1:みんな痩せててショック

日本人は海外から見るとすごく痩せ型であるというのは有名なこと。
海外を観てみると、ふっくらとしたスタイルの人が多いため
そういった景色に見慣れていると、日本人の細さに驚かされるのだとか。
海外暮らしで周りに合わせて食事をし、日本に帰国して自分を観てみると…。

あまり並んで鏡や写真に写りたくないかもしれませんね。

 

その2:何を食ってもめちゃくちゃ美味しい

日本の料理は世界的にみても美味しいと言われています。
様々な料理を楽しめることができる他、見た目だけではなく味の些細なところまで
研究をしつくしているのもあり、あまりハズレと思うことってないですよね。
食文化は世界に誇れるものだと思います。

 

その3:車から降りなくてもガソリンは入れてくれる

セルフではない場合、ガソリンスタンドにいけば店員がガソリンを入れてくれる
というのはもはや一般的なこと。
自分は車にのって優雅に音楽を聴きながら、入れ終わるのを待つだけで
手間暇も何もかかりません。
しかし外国では違うということもあり、外国人や一時帰国をした日本人は
驚くみたいですね。

 

その4:日本人の人間関係が「近くて遠いなぁ」と感じる

いいことでもあり、少しさびしいことでもありますよね。
日本人は少し他人行儀なところがあるというか、妙な距離感を持って
人と接することがあります。
外国人はフレンドリーなので、そのギャップを感じることもあるかもしれませんね。

 

その5:挨拶時に思わず握手

海外での挨拶は、挨拶と同時に握手を力強く交わすというのは
映画をみていてもわかることだと思います。
しかし日本人からしたらそんな習慣はありませんし、軽く会釈をするだけ。
海外暮らしに慣れていると握手はオート機能になっているのもあり
挨拶時に手を差し出してしまい、気まずい思いをしたという人も。

 

その6:歩道で人の流れと反対側を歩いてて、いつのまにかヒンシュク者

右側通行が基本ですが、海外ではその逆ということもあり
海外ルールのまま、日本に帰ってくると誰もが一度はやってしまうことかもしれません。
非常識、迷惑な人なんて誤解をされてしまうことも
あるみたいですね。

スポンサードリンク

その7:あらゆるサービス業が丁寧すぎてこわい

海外旅行経験がある人もわかることですが
海外のサービスというのは結構雑なところがあります。
それに比べて日本は、挨拶から気配りなど、サービスに関しては
徹底的に丁寧さを追求しているところがありますよね。
日本に住んでいればそれが当たり前かもしれませんが
海外暮らしが長いと、「そこまでしてくれるの!?」
日本のサービスの丁寧さに、恐縮してしまうことも。

 

その8:時刻通りに動く電車に感銘を覚え、2分遅れると謝罪アナウンスが流れることに驚愕する

日本人にとって、電車が時刻通りにくるということや
遅れた場合にすぐにアナウンスが流れたり、電子掲示板に遅延報告が流れるなど
もはや一般的であります。
しかし海外では時刻通りに電車が来ないことは当たり前
当たり前だからこそ謝罪アナウンスが流れることもないために
感動し、驚愕するという人が多いようです。

 

その9:帰るたびに違う人が総理大臣

近年の日本の総理大臣は、コロコロと変わっています。
帰るたびに総理大臣が違うと、「また変わったのか…」と少し呆れてしまうのも。
しかしこれは日本に住む日本人にとっても
同じことを思うかもしれませんね。

 

その10:日本の良さ、素晴らしさ、人の優しさ、マナーの良さにあらためて感動する

日本にきた外国人が口をそろえていうことですね。
日本人は優しく、マナーを守れ、気配りもでき、謙虚である。
それは昔ながらの日本の文化としてもあるかもしれませんし
現代もこうして受け継がれていることが何よりも素晴らしいことなのかもしれません。

 

以上、一時帰国あるあるでした。

 

日本にいれば当たり前のことで、一度海外の暮らしを感じてみると
違った見え方や良さに気づくということもあります。

こうしてみてみると、外国人が日本に来て驚くことと
結構内容が似ているところもあると思いますし
同じ日本人からみても、日本人特有のマナーの良さや謙虚さ
そして人との距離感は、思ったよりも大きなものなのかもしれません。

 

日本の良さがわからない、なんて思った時には
一度海外旅行をしてみたあとに、日本へと戻ってみると
改めて感じることや、わかることがあるかもしれませんね。

参照:http://matome.naver.jp/odai/2133656071034080901

    スポンサードリンク

    関連記事

      • けい
      • 2016年 7月11日

      帰国してすぐ浦島太郎状態で不思議な感覚

      ・当たり前だった満員電車がストレスになる

      ・電車の隣の人に話しかけそうになる

      ・街の移り変わりの早さについていけず、キョロキョロ

      ・丁寧な接客に感動、一方でマニュアル接客に味気なさ

      ・日本の文化が大好きになる

      ・就活しなくてもいいや、起業すればいいやと思える

      ・外国人が英語話してると安心感

    1. この記事へのトラックバックはありません。