都道府県別年収ランキング !最下位は…?ついでに人口も。

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2014-07-28 5.41.59

 

あなたは日本のどこに住んでいますか?
私は関東地方某所に住んでいますが
結構他の都道府県のことって気になりますよね。

 

 

特に年収とかって、就職活動に影響があったり
働き口から、その地域の発展などに
たくさん影響を及ぼしてくると思います。

 

 

今回は都道府県別の年収について
注目してみました!
ランキングでは一体都道府県のどこが
上位で、最下位はどこなのでしょうか。
人口と共に見てみましょう!

SPONSORED LINK

 

 

都道府県別年収ランキング!

 

住んでいる地域によって
仕事の内容や住む環境って
かなり違ってくると思います。

 

 

都心に近づけば近づくほどに
色々な職の人がいたり
働き口がたくさんあったり。

 

 

人の多さというのも違ってきますが
年収というものも
地方と都心などとでは
結構変わってくるのではないでしょうか。

 

 

気になったので
都道府県別年収ランキングを見てみましょう!

 

 

1位  東京都  582万円

2位  神奈川県 532万円

3位  愛知県  518万円

4位  京都府  487万円

5位  滋賀県  484万円

6位  大阪府  483万円

7位  茨城県  483万円

8位  兵庫県  477万円

9位  三重県  470万円

10位 千葉県  464万円

11位 埼玉県  462万円

12位 静岡県  458万円

13位 栃木県  457万円

14位 広島県  450万円

15位 群馬県  446万円

16位 奈良県  444万円

17位 岡山県  441万円

18位 和歌山県 439万円

19位 岐阜県  432万円

20位 山梨県  430万円

21位 福岡県  430万円

22位 富山県  430万円

23位 長野県  430万円

24位 福井県  422万円

25位 山口県  421万円

26位 宮城県  420万円

27位 石川県  418万円

28位 香川県  417万円

29位 徳島県  408万円

30位 新潟県  398万円

31位 熊本県  397万円

32位 愛媛県  396万円

33位 鹿児島県 395万円

34位 福島県  393万円

35位 長崎県  388万円

36位 北海道  386万円

37位 高知県  380万円

38位 鳥取県  377万円

39位 大分県  375万円

40位 島根県  374万円

41位 佐賀県  367万円

42位 山形県  364万円

43位 宮崎県  352万円

44位 岩手県  352万円

45位 秋田県  351万円

46位 青森県  345万円

47位 沖縄県  339万円

 

 

こんな感じの結果になりました!

やっぱり東京都が1位というのは想像できていましたが
必ずしも都心のある関東地方が上位に食い込む
ということではないことがわかりましたね。

 

比較的上位にはあるものの
そこまで上位でもないというか。
少しこれは意外な結果かもしれません。

 

 

さすが4位の京都というのも
観光地としては世界的人気を誇る場所なので
そういった意味も年収に現れているのかもしれませんね。

 

 

しかしそう考えてみると
最下位の沖縄というのも驚きですよね。

 

 

沖縄といえば国内でも人気スポットであり
住みたいと思う人も多い場所。
せめて中間くらいに入ってくるんじゃないかなと思っていたので
まさかの最下位で驚きました。

 

 

観光スポットならば年中忙しく
雇用先も、そしてお給料もいいのではないか?と
思うものの意外とそうではないみたいですね。

 

 

そもそも沖縄の観光サービスをしている会社などは
本社が本土にある場合が多いために
いくら沖縄で売上を上げたところでも
本土の本社があるほうの売上としてまとめられてしまうということ。

 

 

なので人気観光地=収入がある
ということには繋がっていないみたいですね。

 

 

同じく観光地である京都は
日本文化を売りにしていて、
歴史ある観光名所が数多く存在しています。
それは京都だからこそできるものであり
観光サービスであるホテルやタクシーなどが
たとえ県外に本社を構えていたとしても
観光面での収入が多いから、といえるのでしょう。

 

 

またそういったこともあって
沖縄ではなく上京して働く人も多いため
沖縄の平均年収は日本の最下位という結果に
なってしまっているみたいですね。

 

 

個人的には沖縄は観光地としていつも行っていたいものの
沖縄までの旅費などを考えると
そう気軽にはいけない値段でもありますよね。

 

 

結構旅費がネックになっていて
行きたくても行けないという旅行客も
いるのではないかな~なんて思います。

スポンサードリンク

人口は?

 

収入ランキングがわかってくると
だいたいの人口もわかりますよね。

 

 

勿論圧倒的人口数を誇るのは
東京都の約1300万人。
続いて神奈川県は900万人で
年収ランキング3位だった愛知県も700万人です。

 

 

人口の多さは、収入ランキングに関係してくるものの
交通の便や都心から近いということが
大きく関係してくるようで
関東地方の多くは人口も多いという結果に。

 

 

人口最下位というのは
知っている人も多いかと思いますが鳥取県

 

 

何故低いかというのも
鳥取県の大半は、平野部が少なく
人が住みやすい地形ではないというのが
大きな理由になっているみたいですね。

 

 

それによって、交通の便から
天気も変わりやすいということで
鳥取県の人口は日本で最下位という結果に
つながっているということ。

 

 

収入ランキングに関しては
今後上下する可能性はあるものの
人口に関しては、地形、交通の便から天気を見てみると
なかなか変動できない数字なのかもしれませんね。

 

 

引っ越しなどを考えている人は
その地域の年収や、人口
それにまつわる理由なども踏まえて考えてみると
素敵な暮らしをすることができると思うので
是非参考にしてみてくださいね!

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。