メタボ対策に必要な知られざる要因4つ。

この記事は4分で読めます

厚生労働省の調査によると
近年肥満率が上がってきたり
社会的にメタボリック・シンドローム
いわゆる、メタボが問題となっています。

 

 

何故メタボになってしまうのか。
実は意外な要因がメタボを促進させていた!
ということで、今回はメタボ対策に必要な知られざる要因4つ
を紹介していきます!

SPONSORED LINK

メタボ対策に必要な知られざる要因4つ

メタボリック・シンドローム、もといメタボのことは
誰だって一度は耳にしたことがある単語であり、
そうならないように気をつけたいという
注意ワードでもあります。

 

 

しかし中には自分自身がメタボに該当する
という人も少なくなく
ダイエットしようにもすることが出来ずに
メタボ生活を送る人が多いのも事実。

 

 

厚生労働省の調査によると
日本人の肥満率は
男性だと約30.3%
女性だと約21.4%となっていて
年齢とともに増加傾向にあると言えます。

 

 

人の体というものは
年をとるほどに太りやすくなるため
中年太りという言葉があるほど
メタボになりやすいとも言えますが
健康に良いとはお世辞にも言えませんし
病気になりやすくなる、早死するなどといった
デメリットも盛りだくさん。

 

 

なので早いうちから
メタボ対策をとったり
メタボの人はそれを解消することが
必要になってくるわけですが
その前に、そもそも何故メタボになってしまうのか
ということをおさらいしてみましょう。

 

 

メタボリック・シンドロームとは?

そもそもメタボというのは
内蔵に脂肪がたまってしまい
高血圧、脂質異常症などの症状が
複数に出てしまうことを指すもの。

 

メタボになってしまえば
心筋梗塞、脳卒中、生活習慣病に拍車をかけて
死のリスクを高める恐ろしいものだと言えます。

 

さらにメタボの恐ろしいところは
大きな病気に直面をしなかったり
特に異常を感じずないで気にせず過ごすこと。

 

実は体の内側から蝕まれていき
気づいたら遅かった…なんてこともよくあるので
メタボ対策、またはメタボからの脱出が
必要だと言えるでしょう。

 

 

メタボ対策に必要な知られざる要因4つ

まずメタボを対策するためには
その要因を知ることによって
防ぐこともできるだけでなく
メタボからの脱出をすることも出来ます。

 

 

その中でも意外と知らない4つの要因
メタボに大きく影響を及ぼしているので
今回紹介する4つの要因を抑えておくと
メタボ対策をすることができるので
是非覚えておきましょう。

 

 

 

 食生活から炭水化物を抜く

 

ダイエットをしていたはずなのに、メタボになっていた!
ということは信じがたくともありえる事実。

 

炭水化物抜きダイエットというのは
女性の間でも人気のダイエットですよね。
その名の通りに、炭水化物をなるべく摂取しないようにして
カロリーを抑えるものです。

 

が、しかし、本来炭水化物を摂取することにより
得られるエネルギーが不足してしまうと
脂肪燃焼をすることが出来ません。

脂肪燃焼することができなければ
体は体内に入った栄養素を蓄えようと働き
脂肪へと変化していきます。

 

そこにあるはずのエネルギーがなければ
脂肪燃焼されることなく、蓄積されるため
メタボへとなっていってしまいます。

 

炭水化物はなるべく適量取ることが
健康にもメタボ防止にも良いと言えるでしょう。

 

 

 太陽の光を浴びない

 

メタボに多い生活リズムが、夜型の人

昼間はほとんど寝ていたり、外出をしなかったり
日が昇ってから就寝する…という生活をしていると
メタボに拍車をかける要因になります。

 

日光の光というのは、浴びてて気持ちがいいものですが
実は体内のビタミンDを生成してくれる働きを持っています。

それらは脂肪燃焼を助けることにつながるので
太陽に光を浴びるのは大切なこと。

 

また夜更かしは新陳代謝低下をし、痩せにくい体になってしまうので
出来る限り太陽の光を浴びるように心がけましょう。

スポンサードリンク

 ストレスが溜まっている

 

ストレスは美容の天敵とはよくいいますが
メタボの要因にもなります。

 

特に女性のメタボの中で原因として多いのが
ストレスによって引き起こされるメタボ

 

ストレスが溜まると、肥満になりがちであるということが
研究によってすでに証明されており
特に女性はストレスを心身に影響を及ぼしやすく
ホルモンバランスも壊れていくので
出来る限りストレス発散は欠かさないこと。

 

メタボ以外にも、肌荒れや月経不順に陥るだけでなく
自然と笑顔や明るさも失われていくために
雰囲気もどんよりして、魅力も激減していくので気をつけましょう。

 

 

 室温を高くしすぎている

 

寒いと太りやすくなる感じがしますよね。

これは冬だからあまり寒い外で運動をしたくないとか
なるべく動かずにジッとしていたいとか
そんなことからくるものだと思いがちですが
実は室温が高くなると、太りやすくメタボになりやすくなるのです。

 

脂肪燃焼のメカニズムの中には
体の体温を上げて、脂肪を燃焼するというものがあります。

 

寒いと感じる状況下では、頑張って生きるために
体がフル稼働して脂肪を燃やしていき
エネルギーへと変えていくものですが
寒いからと室温をあげていくと
脂肪燃焼されずに、蓄えるだけになってしまいます。

 

冬が太りやすいのは、他の季節と比較すると
脂肪燃焼する機会が少ないから。
かといって寒い中にいれば痩せると思っていると
体を壊すこともあるので
室温を上げ過ぎないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

メタボの知られざる要因4つを紹介してきましたが
結構メタボとは関係なさそうな要因もあったりして
驚きますよね。

 

 

4つの要因を踏まえた上で生活をしていけば
メタボ対策にも繋がりますし
メタボからの脱出にも近づくことになるので
日頃から注意して、健康的な体を心がけていきましょう。

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。