若者必見!今だから思う10年前の自分に言いたいことランキング!

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2014-08-07 0.11.27

 

後悔先に立たずということわざがあるように
人は誰もが一度は後悔をしたことがあり、「あのときああしておけばよかった」
とそっとため息をつく生き物でもあります。

 

そんな時にさらに思うことといえば、
昔の自分に何か言えることがあれば、何か変わっていたかもしれない
なんてこと。
そんな途方も無い願い事ではありますが
今から10年前の自分に言いたいことって結構ありますよね。

 

 

ということで今回は、今だから思う10年前の自分に言いたいことランキング
について注目。
若者は必見なので、人生の先輩達の後悔を胸に、自分のやるべきことを改めれば
10年後に後悔することが少なくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

今だから思う10年前の自分に言いたいことランキング

 

もっと勉強をしておけばよかった」

「あの時、好きな子にしっかりとアピールしておけばよかった」

 

そう思うことって誰もが思うことであり、できることならばタイムスリップをしたい
なんて思ってしまうものだと思います。

 

人は後悔をして生きる生き物だと思いますし
だからこそ、後悔先に立たずというようなことわざが生まれ、
今でも多くの人が戒めとして心に刻んでいることだと思います。

 

しかし実際、今を生きている以上、将来的に何を後悔するなんてことはわからず
これは後悔するだろうな、という予想ができたとしても
行動ができないのも人間の性であり、結果的に10年後20年後に後悔をする
やらなかったことに対して結果を実感する、ということに繋がるわけです。

 

ある意味人生の醍醐味とも言えるべきことではありますが
それでも誰もが、10年前の自分に言えることがあるのならば言っておきたいこと
ってありますよね。

 

ということで今回は、今だから思う10年前の自分に言いたいことランキング
について注目をしていきます。
若者必見ということなので、行動に移す移さない、または移せないは別として
将来の自分のために考えておくのもいいかもしれません。

 

 

 

第5位 「もっと健康に気をつけて」

若いとなかなか自分自身がどれほどに健康な体なのか、体力があるのか
そういうことってイマイチ実感がわかず
かといって、大人の体調事情を予想することも難しくあります。

 

しかし大人になってしまえば
若かりし頃の自分はいかに健康体に恵まれていたかということや
もっとあの頃体を労っていれば、今も健康だったかもしれないのに
と溜息を零してしまう人も多いはず。
健康で丈夫な体は、いくら大人になってお金があったとしても
手に入るものでもないために
若い内から大切にしていきたいものですね。

 

 

第4位 「ちゃんとスキンケアして!」

特に女性の中で10年前の自分に悲痛な叫びを届けたいという人は
多いのが、美容関係。

 

若い頃というと、ついつい面倒くさいという気持ちから
スキンケアの手を抜いてしまうという人も多いかもしれません。
しかしその手抜きこそが、ちょうど10年後にシミや肌荒れとして
徐々に姿を現し始め、忌まわしいものとなっていきます。

 

若い頃もう少しスキンケアをしていれば、今も美肌で自慢できたのに…
と若い頃の面倒くさがりを、10年後に悔やむ女性は多いみたいですね。

 

 

第3位 「もっと遊んでおいたほうがいいよ」

10年後と言わずに、社会人になれば早くも思う人は多いかもしれません。

若い頃や学生、または社会人でも未婚の場合などは
使えるお金も自由ですし、縛られる時間もそれほどありません。

しかし大人になればなるにつれて、仕事は重いものになっていき
体力や気力のなさから遊ぶ気がなくなってしまう人がいたり
結婚をしてしまえば、友達と遊ぶということも自由にできません。
自由に時間とお金を使える若い頃は、将来のことを気にしつつも
思い切り遊ぶほうが将来、後悔するということは少ないかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

第2位 「もっと運動して!」

年をとるにつれて、筋力は衰え体力はおろか気力もなくなり
そこから運動不足に、結果的に太ってしまうなんて人もいます。

特に30代を過ぎると体は脂肪を蓄えやすくなってしまうのもあり
日頃の運動不足から、若い頃のようなスリムな体型や、筋肉質な体型は
観るも無残な姿になってしまいうということも…。

 

若い頃からしっかりと運動する習慣をつけていれば
年齢を感じさせない、若々しい体を保っていられたのに…と
肩を落とす人も多いみたいですね。

 

 

第1位 「お願いだから貯金して」

最終的に「お願い」ときた、第1位。
若い頃というと漠然とした将来しか見えてこないのもあり
目先の楽しみのために浪費をしてしまうという人も多いかもしれません。
流行追いかけることに必死になり、毎月何着のファッションに費やすという人も
少なくないですよね。

しかし、結婚をすれば結婚資金や育児など大きなお金を使うことも少なくありませんし
結婚をせずとも、友人の結婚ラッシュでご祝儀が飛んでいったということや
急な出費に困るなんてことも結構あります。

 

若い頃から使用用途はハッキリとしなくとも、少しずつ貯金をする癖をつけておけば
10年後に後悔をするということはないと思うので
将来のために貯金という形で投資をしておくと安心できるかもしれませんね。

 

 

以上、今だから思う10年前の自分に言いたいことランキングでした。

 

こうしてみると、予想通りのものばかりですよね。
少なからず10年前にも同じようなことをなんとなく考えていた
という人も多いかもしれません。

 

将来きっと困るだろうから、やっておいたほうがいいだろう。
そう思いつつも、先のわからない将来に対して行動できるという人は少なく
こうして後悔をする人が多いというのも事実なのです。

 

しかし多いということは、まだ自分は若いという人や
将来についてまだまだわからないという人にとっては
大きなアドバイスであり、未来の自分からのメッセージであることもあるので
少しずつでも将来と向き合って後悔しないように日々過ごしておくと
10年後、過去を振り返った時に後悔することが少なくなるかもしれませんね。

参照:http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/999/eAIgPEsvTVvj/

 

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。