このキラキラネーム読めますか!?10選!

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2014-07-28 5.37.58

 

ネット上で度々話題に上がっている
キラキラネーム

 

 

キラキラネームと呼ばれる名前の多くは
漢字が読めない!ありえない読み方!
こんな漢字あったの?名前負けじゃ…?
なんて思ってしまうものがたくさんありますよね。

 

 

皆さん、どこまでキラキラネームって
読むことができますか?
今回は読みにくいキラキラネームについて
注目してみました!
キラキラネーム10選
あなたはどこまで読むことができるのか
是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

 

 

このキラキラネーム読めますか!?

 

もはや一般的となりつつある
キラキラネーム

 

 

まずは一般的にキラキラネームというのは
どんな名前のことをいうかというと…

ぱっと見で読めない当て字
外国人にあるような名前

とりあえず奇抜な名前=キラキラネーム
と思ってOKですね。

 

 

芸能人の中にも
このキラキラネームを子供につけるという人も
増えてきているのもあり
今では10代、20代のみならず
結構30代40代のお母様、お父様方が
子供にキラキラネームをつけることも増えてきています。

 

 

賛否両論も巻き起こりますが
ネット上ではこれが名前!?なんて思ってしまう名前が
どんどん出てきています。

 

 

さすがに当て字・無理やり読んでいる感ある名前だと
初見では読むことのできないものばかり。

 

 

ここで読みにくい、読めなさそうな
キラキラネーム10選を紹介していきます!
あなたはいくつ読めるでしょうか。
全部読めたら流行の最先端を行っているかもしれません!

 

 

その1:神通嗣

私は全くもって読めませんでした!

かみ、つうじる、つぐ…
いきなり難易度MAXな名前ですよね。
意味をそのままみてみると
神を通じて嗣いでいくとなりますが
それでもあまり意味はわかりません。

これは、かぃなおつぐ と読みます。
小さい「ぃ」がポイントですね。

 

 

その2:樹茶

おそらく女の子に付けられる名前です。
普通に読めば、きちゃとかじゅちゃとか
きさとか…。
勿論正解ではありません。

この樹茶、あの世界的人気キャラクターから
付けられたキラキラネームなんです。

そう、きてぃちゃん

どうやらちゃんまでも含まれているようなので
樹茶さん、とか樹茶ちゃんとかだと
きてぃちゃんさん、きてぃちゃんちゃん
になってしまうので要注意といったところでしょうか…。

 

 

その3:唯一神

なかなかに神々しい名前が出てきました。
一見かっこよさそうに見える名前ですが
こちらもおそらく女の子につけられる名前みたいですね。

唯一の神だなんて、すごくカリスマ性にあふれた
大人に成長していったらいいなぁとは思いますが…

こちら、ゆいか と読むみたいです。
み 頭文字ですね!

 

 

その4:瞳

普通の名前がきました!
しかし今回紹介するのは読みにくいキラキラネームなので
「ひとみ」とは読まないんです。
ひと目みると、ひとみちゃんと
何も疑わずに呼んでしまう名前ですが
ひとみちゃんではありません。

 

メルヘンちゃんです!
これからは瞳ちゃんと見つけたら
ひとみなのかメルヘンなのか
考えてみなくてはいけないかもしれません。

 

 

その5:芯次威

ここまでくると、3文字熟語なんじゃないか
と疑ってきてしまうくらいに
難しくなってきました。
性別すら判断が難しくなりましたが
こちらは女の子の名前。

そう、しんでぃー と読むようです。
シンディというと外国の女性名としては
よく使われるものですが
いよいよ漢字となって日本進出なのかもしれません。

スポンサードリンク

 

その6:天響

キラキラネームの中では
結構メジャーな名前の天響ちゃん。
意外とつけている人も多いという
人気のキラキラネームですが
それでもやっぱり読めませんよね。

てぃな と読みます。
天はかろうじて「てぃ」と読んでも
響で「な」と読むのは
もはやキラキラネームの
代表的な名前かもしれませんね。

 

 

その7:宝物

確かに子供は宝物ですが
まさか名前につけてしまうというのも
思い切っていますよね。
これは男の子の名前でいて
「たからもの」くんではありません。
ちょっと本人としては恥ずかしいですよね。

宝物(おうじ)くんでした!
間違いはないけど、でもやっぱり思い切ってますね。

 

 

その8:苺苺苺

ここまできたら予想すらできません。
ヒントをいうと、4文字となっていますが
男の子の名前なのか
女の子の名前かすらちょっと際どくなっています。

まりなる と読むそうです。
もはや苺の読みは1つも入っていない!
どうしてこうなった!
さすがだとしか言えませんね。

 

 

その9:飛哉亜季

漢字4文字で見てしまうと
どこか外国語を漢字にしてみたら…
というのを浮かべてしまいます。
亜米利加とか、なんかそっちにいっちゃいそうな感じ。

飛哉亜季、ひゃあい と読みます。
ひゃあいさん、ひゃあいくん。
あまり人と被らない名前かもしれませんね。

 

 

その10:美望

美しさを望む。
もし将来美しさを追求する
美容家などとして活躍をすれば
一躍有名になっていきそうですよね。
しかし一回呼び名を聞いてしまうと
違う意味でも有名になりそうです。

にゃも と読むみたいですよ。

 

 

さて、10選紹介してきましたが
いくつ読めましたか?
さすがにキラキラネームと呼ばれるだけあって
予想の斜め上を行く読み方ばかりで
ほとんど自分は読むことが出来ませんでした。

 

 

漢字をありえない読み方をする
英語読みをしてしまう
これは将来、日本語を改めなおすときが
くるかもしれませんね。

 

 

他にもキラキラネームというものは
たくさんあるので
自分がどこまで読めるのかというのを
チャレンジしてみるといいと思います。

 

 

以上、キラキラネーム特集でした!

読みにくそうなのをお願いします!

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    コメントするためには、 ログイン してください。