危険な動物ランキング!なんと1位は身近に生息する…

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-08-04 22.07.38

 

危険な動物ときいて連想する動物といえば、身の回りにいる動物よりかはアマゾンやサバンナに生息している肉食動物をまず最初に思い浮かべてしまいます。

 

しかしどうやら身近にいる動物が危険という驚きの結果が出ているということで話題に上がっているみたいですね。
危険な動物、そうではない動物、知っていれば気をつけることができますし頭のなかに入れておきたいところ。

 

ということで今回は、危険な動物ランキングについて注目。
1位に輝くのは身近に生息するあの動物だったとか。
動物好きさんも一応危険ということを知っておくと、接し方も考えられるかもしれませんね。

SPONSORED LINK

危険な動物ランキング

 

ライオン、ヒョウ、ハイエナ…

危険な動物ときくと、肉食動物ばかりが浮かんでしまいます。
蛇も毒を持っていれば危険ですし、結構地球上に生息する動物には危険を持っている動物は多くいます。

 

しかしここ日本に住んでいれば、特にそういった動物に出会うということもないですし、蛇だって山や森に行くことがなければ早々出会うこともありません。

 

また反面では、危険な動物ときいてどこかドキドキしてしまうところもあります。

やっぱり強い動物、というのはかっこいいなあとも思ってしまいますし、弱肉強食の世界を勝ち抜く強さというものは魅力的だとも思います。

 

ということで今回は危険な動物ランキングについて注目。

早速見てみましょう。

 

 

25位 オブトサソリ

24位 アフリカナイズドミツバチ

23位 サイ

22位 イモガイ

21位 オニダルマオコゼ

20位 ホオジロザメ

19位 ブラックマンバ

18位 アフリカスイギュウ

17位 ヤドクガエル

16位 ホッキョクグマ

15位 ハコクラゲ

14位 アフリカライオン

13位 ブームスラング

12位 フグ

11位 ハイエナ

スポンサードリンク

10位 コモトドラゴン

 

月に食事も1回程度、あまりの空腹ではない限り人間も襲うことがなく、基本的に手を出さなければおとなしいコモトドラゴン。

しかし鳥から水牛にいたるまで、なんでも食べる肉食動物とも言われており、空腹時に目の前を通り過ぎただけで襲われてしまうのだとか。

もしいたとしても、何も手を出さずに立ち去ることが賢明ですね。

 

9位 ツエツエバエ

ツエツエバエによって毎年25万人は亡くなっています。

吸血をするツエツエバエは、それによってトリパノソーマという睡眠病に感染させる危険性を持っています。
これはしばらくは自覚症状はなくとも徐々に高熱・頭痛や臓器の腫れ、しまいには眠りがちになり死亡すると言われています。

 

8位 ヒョウ

 

予想通りヒョウはやはり危険な動物。

ヒョウの場合、ヒョウ自身が弱っている場合などに獰猛さを発揮し、より危険度が高くなっていきます。
他のヒョウとの連携プレイもしてくるので、草陰に隠れて、獲物を取り囲むという肉食動物の中でも策士かもしれません。

 

7位 カーペットバイパー

日本ではノコギリヘビとも言われているカーペットバイパー。
危険が迫ると、鱗をすりあわせてのこぎりのような音をだすということで知られており、かなり強力な毒を持っているということも知られています。

インド・アフリカでは死亡率が36%と恐ろしい数字も。

 

6位 ブラジルドクシボグモ

最も危険な毒を持つ蜘蛛としてギネスにも認定されている毒蜘蛛。

日本ではいないものの、ブラジルの地ではどこにでもいるということでその危険は常に日常生活に潜んでいます。
家や駐車場など、人が多いところにもいるというのは、危険さをさらに醸し出しているところがありますよね。

 

5位 ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコは体の色をカメレオンのように変えることができ、岩や海藻に自分自身を見立てることができるので気づかないということも多い生物。

日本でも多く生息をしていて、有する毒は非常に強く、解毒剤がないということで警戒を呼びかけられています。

危険を察知すると猛毒が含まれた唾液を放出し、それが呼吸困難、麻痺、心停止など恐ろしい症状に至ることもあるので、要注意。

 

4位 カバ

のろまなイメージがあるカバは、実は時速40㎞で走ることができるため、一度目を付けられてしまえば逃げることは不可能に近いといえます。

普段は温厚でも、野生のカバは縄張りの侵入者に対して容赦無い獰猛な生き物でもあり、生息地でもあるアフリカでは非常に危険と考えられているとか。

 

3位 イリエワニ

食物連鎖の一番上に君臨しているイリエワニ。
なんでも食べると言われており、一度狙った獲物はすぐさま水の中まで引きずり、溺死、または体がバラバラになり、動かなくなるまでは絶対に離さないと言われています。

 

2位 アフリカゾウ

一見可愛いゾウさんも、アフリカゾウの場合は非常に攻撃的・獰猛。
何よりもその大きな体は最大の武器ともなっていて、他の動物を踏みつぶして殺すということもあるとか。

何よりも復讐心が強いとされており、一度アフリカゾウから怒りを買ってしまうと、どこまでも攻撃をされ続けてしまうのだとか。

 

1位 蚊

どこにでもいる蚊であり、刺されたことがないという人はいないのではないでしょうか。

しかし実は蚊は、最も死者を出している動物。
蚊の吸血によって、感染症を引き起こしてしまい、伝染もさせてしまうため、300万人もの死者を出しているとされています。

 

 

以上、危険な動物ランキングでした。

どんな凶暴な性格であったり、大きな体や鋭い刃を持つ動物たちよりも一番危険とされていた蚊。

夏になれば必ず一回は刺されてしまいますが、感染症によって死んでしまうという例は日本でも少なくありません。

 

小さくよくいるからといってあまり簡単に見ていると、命まで吸われてしまうかもしれませんね。

 

気をつけることを気をつけていても、限界はありますが
危険動物達から身をまもるために、日頃注意をしておくといいかと思います。

参照:http://blog.livedoor.jp/loveai0221/archives/33711291.html

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。