破局しやすいカップルの特徴?あなたは大丈夫ですか?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2014-08-06 2.39.28

 

せっかく恋人が出来たのならば、別れずにそのままずっと一緒に寄り添っていたいというのは、誰もが思うことかもしれません。

 

しかしそれでも上手くいかないということもあるわけで、最初の相思相愛だった気持ちはどこへやら。
恋愛は1人でするものではなく、2人で築きあげていくものでもあるので、そのバランスが崩れてしまえば、悲しくも破局という結果が待っています。

 

ということで、今回は破局しやすい特徴について注目。
自分自身は大丈夫なのか。
彼氏彼女がいないという人も、今後恋愛をする上では覚えておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

破局しやすい特徴

 

愛だけではやっていけない

なんてことよく聞きますが、現実的に考えるとまさにその通りで、愛だけで解決できるのならば破局をするというカップルも今よりもだいぶ減るでしょう。

 

破局をする理由としては、相手に気持ちがなくなったということが一番だとは思いますが、そもそも何故愛がなくなってしまったのか、交際当初の姿はどこにいってしまったのか、それが大きなポイントとなっていきます。

 

実は破局をしやすいカップルというものは特徴として表れていて、そこをクリアしないと長続きするカップルにはなれないんです。

 

ということで、今回は破局しやすい特徴をランキング形式て注目してみましょう。

 

 

5位 彼氏が完璧主義者

 

相手が完璧主義者すぎてしまうと、知らぬ間に2人の間には溝が出てきます。
完璧主義者を持つ相手としては、なんとしてでも応えてあげたいと最初は思うものの、徐々に「何故自分が合わせなければならないの?」という怒りに。

また完璧主義者側からしても、言ったことを完璧にできない相手に対してイライラが募っていき、次第にお互いで「相手が悪い」と決めつけて関係が悪化することに。

付き合う上ではお互いを尊敬、尊重をしあう、想い合うことやある程度の妥協も必要なので、どちらか片方が努力をするのでは続かないのかもしれません。

 

4位 お互い自分にしか興味が無い

 

ここまで来たのならば、さっさと別れたほうがお互いのためかもしれません。

お互い自分にしか興味がないとなると、相手のことを思いやることを忘れてしまい、どうでもよくなってしまいます。
いざというとき相手が例え困っていたとしても、普段から自分中心で恋愛を進めてきているのもあり、面倒くさいなんて思ってしまうことも。
しだいにはお互いを重荷と感じてしまうなんてこともありえます。

またお互い自分にしか興味が無いのであれば、付き合っている意味について考える瞬間は必ず訪れるものであり、それならば付き合っていなくてよくない?なんて思ってしまうのかも。

スポンサードリンク

3位 彼氏が神経質

 

これは5位の完璧主義者とかぶる部分がありますが、神経質な人物というものは相手のだらしないところに対して我慢できなくなり、イライラを隠せなくなります。

相手にとっても神経質なところを押し付けられると窮屈な思いをしてしまい、恋人と一緒にいる幸せな時間なはずなのに、どこか落ち着かないなんてことも。

完璧主義者同様に、神経質な相手のところが嫌になったり、だらしない相手のことが嫌になり「相手が悪い」ということに繋がってしまい、破局をしてしまうようですね。

 

2位 愛情に温度差がある

 

もともと男女の考え方は違うものなので、そもそも愛情を100%理解をするというのは不可能に近くあります。
それをわかっていて付き合うのならば問題はないのかもしれませんが、愛情に温度差があって別れるというよりかは、相手の愛情がわからなくなって別れるという人が多いみたいですね。

経験ある人も多いかもしれませんが、「相手が自分のこと本当に好きなのかわからない」なんて悩み、抱えたことはあると思います。

それによって試すような行動をしてしまったり、

「言わなくともわかってくれる」

なんて相手に対して勝手な期待を寄せてしまったり。
愛があったとしても、わからないものはわからないし、伝えなければ伝わりません。

相手の態度や考え、気持ちはしっかりとお互い理解し合うことが、愛情の温度差を感じさせない一番の近道だと言えます。

 

1位 金銭感覚に差がある

 

愛があればなんでもいける、なんてことも金銭感覚の違いによってあっという間に崩れてしまい、現実を思い知らされることになります。

いくら愛があったとしても、金銭感覚に差があってしまうと、そもそもの生活水準が合わなかったりして、価値観すらも違ってきます。
お金は生活をする上では欠かせないものであり、恋人と幸せな時間を過ごす上でも必要なもの。

あまりにも差があってしまうと、「ケチ臭い」と思うことや「金遣いが荒い」なんてお互い違和感を感じてしまい、デートも修羅場に。

ある程度お互いの基準を決めて話しておくのがいいかもしれません。

 

以上、破局しやすい特徴でした。

 

女子目線のものでしたが、男子の破局しやすい特徴もほぼ女性と変わりません。

破局をする根本的な理由というのは、男女感じていることはほぼ一緒であるため、裏を返せばそれさえカバーすればお互い分かり合えることができて、長く交際を続けることに繋がるわけです。

 

恋愛は1人では出来ず、2人でするもの。
どちらかが自分本位になれば終わりですし、分かり合おうとしなければ付き合っている意味すらありません。

想い合い、理解をしあい、時には現実を見つつ、歩み寄ることが長続きの秘訣だといえるかもしれませんね。

参照:http://ranking.goo.ne.jp/ranking/category/017/part_couple_2012/

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。