日本の大学人気ランキング!関東よりも関西の大学の方が志願者が多い?

この記事は3分で読めます

日本には国立、私立と合わせて
たくさんの大学がありますが
その中でも特に人気の大学には
多くの志願者が募っています。

 

 

今回はそんな日本の人気の大学に注目。
日本の大学人気ランキングについて見ていきましょう。
また、関東よりも関西の大学の方が
志願者が多いということが言われていますが
実際どうなっているのかについても注目していきます。

SPONSORED LINK

日本の大学人気ランキング

高校を卒業すると
大学をするか就職をするかで
大きく分かれることとなります。

 

 

その後の人生を左右する選択であり
大学に行くことによって
さらに人生の選択の幅を広げる人も少なくありません。

 

 

大学に行くのであれば
出来るだけ多くの知識を学べる場所や
人生の選択を広げてくれる場所へと進学を希望したほうが
自分のためにもなります。

 

 

大学によっては学べることも異なれば
同じ分野のことを学ぶにしても
設備や講師によっては
学べる内容も異なると言えます。

 

 

さて、そこで今回は
日本の中でも特に人気の大学はどこなのだろうということで
日本の大学人気ランキングについて注目していきます。

 

 

早速見ていきましょう。

 

 

今回は2015年志願者数を元にして
人気の大学に注目していきます。

 

 

10位 立教大学

9位  中央大学

8位  関西大学

7位  東洋大学

6位  立命館大学

5位  法政大学

4位  日本大学

3位  早稲田大学

2位  明治大学

1位  近畿大学

 

以上の結果となりました。

 

 

早稲田大学や明治大学は
人気の大学としても有名なので納得ですが
1位の近畿大学は何故・・・?と思う人も
多いかもしれません。

 

 

実はここ数年で近畿大学が人気を博していて
2年連続で志願者数1位という
人気大学のトップに君臨しているのです。

 

 

近畿大学の魅力や最近の人気というのが
親しみやすさだと言えます。

 

 

大学の願書の出願と言えば
紙に手書きで書いて提出することが一般的ですが
手間も掛かりますし、手軽とは言えません。

 

 

しかし近畿大学については
なんとネット出願を始め
さらに出願料に関しても3000円も値引きという
かなり手軽に願書を届けることが出来るようになりました。

 

 

これにより志願者数が膨れ上がっていて
人気を集めているのです。

 

 

さらに国際学部の新設
キャンパス整備など計画されているため
そういったところも魅力として受け入れられ
人気を集めているのです。

 

 

ネットで願書を出せるというのは
今の時代かなり助かるところも多いですし
何より積極的に大学に出願もしやすくなるため
志願者が増えるというのも納得です。

 

 

今後はネットでの出願システムは増えてくるようなので
それによっては、このランキングも
大きく変わっていきそうですね。

スポンサードリンク

関東よりも関西の大学の方が志願者が多い?

近畿大学が1位に輝くのを見ると
関東よりも関西のほうが志願者は多いのかもしれない
と思うこともあります。

 

 

以前は、東京に行く
上京をするということを自体が目的として
東京を始めとした関東の大学を志願する人も
少なくありませんでした。

 

 

しかし現在はそこまで関東に拘る人も多くはなく
自分の行きやすい場所や学びたい目的を優先とすることが
多くなっているかもしれません。

 

 

また関東と比べてみると
関西や地方のほうが一人暮らしがしやすいという点もあるため
関西の学校を志望する人は増えてきているかもしれません。

 

 

家賃などを考えると
関東で一人暮らしをするのは厳しいものですし
大学生になったら一人暮らしをしたいと考える人も多いため
生活のしやすさを重視していると言ってもいいかもしれません。

 

 

関西ならば、東京と同様に
都会に出やすい場所であり
生活に困るということはありません。

 

 

昔と比べてみると
上京をしたいという願望が
一人暮らしをしたいという願望に
変わったと言えます。

 

 

また、交通の便も良くなってきているので
いつでも関東には行けるというのも
わざわざ関東の大学を志願しなくてもよくなった理由
だと言えるでしょう。

 

 

ただし、関東と関西どちらの大学のほうが人気なのか
という点については微妙なところ。
関東の大学は相変わらず人気であり
名門も多いため、志願者は多いと言えます。

 

 

今後近畿大学のように、ネット出願が盛んになれば
さらに関西地方の大学のように
地方の大学にもスポットが当たることも増えるでしょう。

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。