日本三大ブスに選ばれた都市の理由とは?三大美人はどこ?

この記事は4分で読めます

日本最大ブスの都市と言われている
仙台、水戸、名古屋。
何故三大ブスと言われているのか
理由って気になりませんか?

 

 

今回は日本最大ブスに選ばれた都市
仙台、水戸、名古屋の選ばれてしまった理由に注目!
また、三大美人についても見ていきましょう。

スポンサーリンク

日本三大ブスに選ばれた都市の理由とは?

都道府県によって人に特徴があるように
昔から言われている中には
日本三大ブスの都市と呼ばれるものもありますよね。

 

 

比較的他の都市と比べてみると
美人よりブスのほうが多い。

 

 

その都市に住む人からすれば
不名誉なことこの上ないものですが
昔から言い伝えられているだけあって
定着していることもあるようですね。

 

 

その日本三大ブスに選ばれている都市というのが
仙台、水戸、名古屋。

 

 

どこも日本では有名な都市なだけに
三大ブスというのは
少し驚きますよね。

 

 

何故三大ブスと呼ばれてしまったのでしょうか。

 

 

その理由は諸説あるものの
やはり昔に遡ることで理由になったことが
あると言われています。

 

 

まずは仙台

 

 

仙台は東北宮城県にある都市ですが
東北を代表する秋田は美人が多いことで有名ですよね。

 

 

秋田と仙台を比べてみると
仙台のほうが栄えていて人が多くいます。

 

 

秋田には秋田美人がいて嫁の貰い手はたくさんあるものの
その中でも嫁にいけない容姿の女性が
人が多い都市である仙台へと出てくるから
仙台には美人よりブスが多いと言われているようですね。

 

 

また仙台を領地としていた殿様が
仙台の女性ではなく参勤交代の際に芸者通いをしていたことから
仙台には美人がいないという噂が広まってしまったとも言われています。

 

 

次に水戸を見てみましょう。

 

 

実は水戸に関しては詳しい理由などはわかっておらず
仙台の理由の1つとされる
殿様が自分の都市の女性ではなく
別の場所の女性と遊んでいたことから
噂になったとされているみたいですね。

 

 

最後に名古屋についても
上記のことが理由で噂となっているということ。

 

 

こうしてみてみると
戦国時代や江戸時代の藩主や殿様などの影響によって
こういった噂が広まってしまっただけ
という感じがしますよね。

 

 

実際当時のことを考えてみれば
位の高い武士や家臣たちは江戸に出て
女性遊びをしていたといいます。

 

 

それは当時のことを考えてみれば
一種のステータスのようなものだったかもしれませんし
江戸などの都市で遊ぶことに意味がある
ということが重要だったのかもしれません。

 

 

今の時代も日本三大ブスとして、仙台、水戸、名古屋は
数えられていますが
理由をこうしてみてみると
実際にブスが多いかどうかなんてわからないということ。

 

 

しかももし江戸時代などではそれが本当だったとしても
今の時代と昔では美人の基準も異なりますし
単なる昔から言われていることに過ぎません。

 

 

なので、自分は三大ブスに選ばれている都市出身だ!
という人は、もし話題にあがったときには
その理由について話してみると話が盛り上がるかもしれませんね!

スポンサードリンク

三大美人はどこ?

日本三大ブスが仙台、水戸、名古屋
ということがわかりましたが
もちろんその逆である三大美人も存在します。

 

 

秋田美人、京都美人、博多美人の3つは
誰もが一度はきいたことがある言葉ではないでしょうか。

 

 

実際にこれらの場所に足を運ぶと
美人が多かったという声も多く
三大ブスと比べてみると
三大美人としての知名度もかなり高いですよね。

 

 

秋田美人の最大の特徴といえば
透き通るように美しい白い肌

 

 

やはり東北地方ということもあり
色白な人は多く
ハーフのような少し日本人離れした顔が多い
ということが言われています。

 

 

これは昔ロシア、ヨーロッパの民族が
移り住んだことが理由とも言われているようですね。

 

 

またのびのびとした田舎ということもあるので
穏やかで落ち着いた性格も多く
方言の関係で少ない言葉で会話をすることが多いようなので
口数が少ない、控えめな印象がさらに美人度を高めているようです。

 

 

次に京都美人の特徴についてですが
やはり最大の魅力は京都弁かもしれませんね。
上品でいながらも芯の強い言葉を使う京都美人は
凛とした女性が多いかもしれません。

 

 

また舞妓、芸子といった
気品溢れる職が有名ということもあり
男性の立てかたも上手いということ。
舞妓や芸子は厳しい練習や経験を糧にして磨かれていくので
そういったところも、京都美人の芯の強さを表しているのかもしれません。

 

 

最後の博多美人ですが
人懐こく流行に敏感ということから
美意識の向上心が高いと言われています。

 

 

美人で人当たりもいいというのは
男性からすると憧れの存在になりますし
そういった評価が上がれば上がるほどに
女性は自信をつけていくものなので
博多美人はその仕組みを上手く使っていますよね。

 

 

また博多弁もかわいいということもあって
方言ランキングでは常に上位の存在というのも
大きいのかもしれません。

 

 

以上が日本三大美人の特徴でした。

 

 

やはり土地柄というものが強く
その地域の特徴や方便などから
自分自身の良さを最大限に出すのが上手いというのが
三大美人の共通点と言えるかもしれませんね。

 

 

美人になりたい!綺麗になりたい!
そういう人は、こういった三大美人といわれる都市を参考にすると
何か新しいひらめきが見つかるかもしれませんね。

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。