子供習い事おすすめ人気ランキング!昔人気だった習い事と比較してみました。

この記事は3分で読めます

子供の習い事
将来の才能にも関係するものもあるため
子供自身も親自身も
これをやっておきたいというものがあるでしょう。

 

 

今はどんな子供の習い事がおすすめなのか
今回は子供習い事おすすめ人気ランキングに注目!
また、昔人気だった習い事と比較してみました!

スポンサーリンク

子供習い事おすすめ人気ランキング!

子供の頃って習い事は何をしていましたか?

 

 

その経験が今実を結んでいるという人もいれば
もう少し真面目にやっておけばよかった
または、あの習い事をしたかった
なんてこともありますよね。

 

 

子供が出来ると
自分の経験や気持ち
子供の意見を聞いて習い事をさせる人も
多いかと思います。

 

 

今回はそんな子供の習い事人気ランキングということで注目。

 

 

ネットでも人気の習い事を調べている人が多いようなので
是非参考にして検討してみてくださいね。

 

 

5位 体操

体づくりや体力もUPするということで
子供のうちから様々な運動をさせる目的で
体操教室は人気のようですね。

体が柔らかくなり、さらに運動神経も向上していくため
運動が苦手な子も苦手意識を克服することができるのだとか。

また子供でも最近では美意識を気にする子も多いようで
将来のために体を柔らかくしておきたいということから
始めることも増えてきているようですね。

 

4位 学習塾

幼稚園、小学校の授業だけではなく
学習塾でさらに知識を蓄えるという子供も
年々増加傾向にあるようです。

近年小学校、中学校と受験をする割合も増えているようで
それに供えてということもあるようですね。
さらに就職率の悪さも見越して
習わせたいと望む親御さんも多いようです。

 

3位 英語

今の時代英語は必要と言われるだけあって
子供のうちから英語を習わせておく人は多いようです。

実際幼稚園から英語の授業が取り組まれているようであり
その延長線としてさらに深く英語について学んで欲しい
という意見も。

やはりある程度成長をすると英語に対しての苦手意識も強くなるので
そうならないうちに早めに覚えさせるということに意味があるようです。

 

2位 ピアノ

女の子を筆頭に根強い人気の習い事といえばピアノですよね。

女の子らしいということもありますが
リズム感覚や音感、練習をして上手くなる忍耐強さなど
様々なことを学べるだけに昔から人気があります。

さらに最近では男の子でもピアノ教室に通う子は増えてきており
女の子の習い事というイメージもだんだん消えて
男女共通の人気習い事となっているようです。

 

1位 スイミング

堂々の1位に輝いたのがスイミング。

やはり楽しく体を鍛えることができるスイミングは
男女関係なく楽しめるということもあり人気が高いようです。

運動が苦手という子の中には
水の中ならば運動は得意という子も多く
運動嫌いの子も進んでできる習い事

また体が弱い子もスイミングによって強くなることもあるので
習わせておいて損はない習い事として1位を獲得しました。

 

 

以上、子供の習い事おすすめ人気ランキングでした!

 

 

定番のものから
今の時代だからこその習い事など
自分の子供時代とは違うという人も多いのではないでしょうか。

 

 

英語や学習塾に関しては特にそうで
将来を見据えた上で習わせたいと考える親御さんはかなり多いようですね。

スポンサードリンク

昔人気だった習い事は?

今人気の習い事について注目してきましたが
昔人気だった習い事って思い返してみると
何が浮かぶでしょうか。

 

 

どの程度遡るか…にもよってきますが
学習塾はそろばんや習字だった
体操教室より空手や柔道で体を鍛えた
サッカー教室は鉄板だった
など今回紹介したランキングにはランクインしていない習い事が
人気だった感じがしますよね。

 

 

やはり多くのことを学ぶ学習塾や英語教室は
将来的に役立つということから
ここ数年でどんどん人気が高くなりましたし
そろばんや習字と比べてみると
必要度は高いのかもしれません。

 

 

ただ、デジタルな社会になってきたからこそ
文字を美しく書きたいという人もいるのも事実で
大人になってから習字を習う、美文字教室やトレーニングをする
という人も増えてきています。

 

 

子供の頃は将来的なことを考えて
大人になってからは子供の頃できなかった習い事をする
それが今の習い事の仕組みになっているのかもしれませんね。

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。