ゴルフ大会の賞金はランキングで配分額が決まる?税金はどうなるの?

この記事は3分で読めます

世界が熱くなるスポーツ。
スポーツの天才達がぶつかりあうその姿は
見ているこちらもドキドキしてしまいますよね。

 

 

さてそんな中で今回はゴルフに注目していきますが
ゴルフの大会の賞金はどのようにして決まるのかって
ご存知ですか?
なんでもランキングで配分額が決まるらしいのですが…
気になる税金に関しても見て行きましょう。

SPONSORED LINK

ゴルフ大会の賞金はランキングで配分額が決まる?

スポーツ、大会がある事に
日本だけでなく世界でも注目され
多くのメディアでも取り上げられるものですよね。

 

 

様々な競技がある中で今回注目するのはゴルフ
日本でもゴルフが好きな人や
プロゴルファーのファンである
という人も多いかと思います。

 

 

神業とも言えるような技を繰り出し
大会に出場していくスポーツ選手は本当にすごいですし
まさに天才そのもの。

 

 

そんなスポーツ選手だからこそ
大会にて功績を残していくと
その賞金額についても
注目が集まっていきますよね。

 

 

ゴルフだけに限らず
スポーツ選手というものは
その功績に応じて貰える賞金も多額なだけに
お金持ち、というイメージを持つ人も多いと思います。

 

 

しかし多額の賞金を貰えるということはわかっていても
どのようにして賞金の配分が決まっていくかって
知っている人は意外にも少ないのではないでしょうか。

 

 

まず開催される大会において
賞金総額というものが設定されています。

 

 

その賞金総額の配分というのは
ランキングによって行われていき
上位に入れば入るほど
獲得賞金額も増えるというわけですね。

 

 

日本のツアーでは
1位から20%、10%、6.8%
という順になっているようなので
例えば賞金総額が1億円だった場合は
1位が貰える金額は2千万円。
2位はその半額である1千万円
ということですね。

 

 

結構わかりやすい賞金配分額なので
賞金総額が高く
その大会の上位になればなるほど
獲得金額は多額になる
ということが言えます。

スポンサードリンク

税金はどうなるの?

大きな大会ほど賞金総額も大きくなるので
それだけ獲得できる賞金も
大きくなっていくものです。

 

 

しかしさらに気になるものといえば
税金の問題ですよね。

 

 

金額を手にすると発生する税金。
こういった大会で手にした賞金に対して
税金はどのようにかかっていくのでしょうか。

 

 

多額の賞金を手にしたスポーツ選手。
しかし税金が絡んでくると
実はその多額の賞金も
あまり美味しいと思えないものになってしまうようですね…。

 

 

簡単に書いていくと
獲得した賞金から
必要経費を差し引いた金額に
所得税が発生していきます。

 

 

必要経費というものは
大会に出場するためにかかった金額であり
宿泊代や交通費、エントリー代など。

 

 

その必要経費でも
膨大な金額がかかるということなので
それを差し引いた上での税金がかけられるとなると
手元に残るお金というものは
多額の賞金、とはいえないものになるかもしれませんね。

 

 

いくら有名な選手やプロゴルファーになったからといっても
大会や試合に出場するためには
大きなお金が必要になります。

 

 

賞金を手にすれば
黒字に済むかもしれませんが
赤字になるなんてことも十分ありえそうですよね。

 

 

スポーツ選手=お金持ち
というイメージは未だに強いものの
自分たちが思っているほどお金に溢れる世界では
ないのかもしれません。

 

 

しかしスポーツ選手は
もちろんお金目当てということもありますが
自身の実力を確かめる、試す、高めるために
多くの大会に出ています。

 

 

そこで得られる経験や知識、そして光景は
お金には変えられないほど
貴重なものなのかもしれませんね。

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。