ぶりっ子あるあるランキング!ぶりっ子キャラの芸能人は?

この記事は3分で読めます

良くも悪くも注目されるぶりっ子。
女性ウケは悪かったりするものの
男性ウケはよかったりするために
昔からぶりっ子は居続けていますよね。

 

 

今回はそんなぶりっ子あるあるランキングに注目!
またぶりっ子キャラの芸能人についても
注目していきます!

SPONSORED LINK

ぶりっ子あるあるランキング!

あなたはぶりっ子が好きですか?
それとも嫌いですか?

 

 

おそらく女性の多くはぶりっ子の存在を
快く思っていない反面で
ぶりっ子だとわかっていたとしても
やっぱりちょっと嫌いになれないと
ぶりっ子が好きな男性も多いでしょう。

 

 

そんなこともあり
時代関係なく、昔からぶりっ子の存在というものは
あり続けていますよね。

 

 

何故女性からしたらぶりっ子が嫌な存在かというと
あざとい、計算高い、自分が一番可愛いと思っている
勘違い女…なんて辛辣なコメントも結構出てきますが
確かに否定できないところもあります。

 

 

しかし男性からしたらそうだとわかっていても
一生懸命可愛くいようとするその姿が可愛い
ということでぶりっ子好きの男性は
いなくなることがないようですね。

 

 

さて色んな意味で注目を集めるぶりっ子ですが
今回はぶりっ子あるあるランキングについて
注目していきます。
早速見て行きましょう!

 

 

5位 自分のことを名前で呼ぶ

自分のことを自分の名前で呼ぶ、一人称が自分の名前である
というのがぶりっ子だ!という人も多いようですね。
中にはぶりっ子ではなく小さいからの癖で
たまに名前が出てしまう…という人も多いようで
一概に一人称が自分の名前=ぶりっ子とは言わないようですが
ぶりっ子率はかなり高いようです。

 

4位 すぐに泣く

「なんでも泣けば上手くいくと思っている」
というぶりっ子は徹底的に女の武器である涙を使っていることが
多いようですね。
本当に泣いている場合もあるようですが
女性目線からしたら「ウソ泣きだろ」とわかることもあるようで
反感を買うことも多いみたいです。

 

3位 男性の前だと声がワントーン高くなる

わかりやすいぶりっ子アピールですね。
どっから声を出しているんだ!?と同じ女性が思ってしまうほど
ぶりっ子は男性の前だと声がやや高くなるという技を持っています。
可愛い女性が好きな男性からしたら
可愛い声で会話をしてくれる子がいたら惹かれてしまうかもしれませんね…。

 

2位 天然アピール

「私って天然ってよく言われるんだ~♪」

ということを言う人はだいたい自称天然だろう!と
同性である女性は思うものの
計算尽くされた天然行動は男性を翻弄するには十分で
結構天然という名の計算高い行動に
夢中になっている男性も多いようです。

 

1位 男女で接する時の態度が違う

女性からの反感を最も買うものであるのが
男女で接する時の態度が違うということ。
女性の前ではだらしないのに、男性の前だとかわいこぶったり
行動をおしとやかにしたり…。
ぶりっ子ならでは技かもしれませんね。

 

 

いかがでしたか?
ぶりっ子あるあるランキングについて見てきましたが
やはり女性の反感を買う行動が
ぶりっ子としてのレベルの高さも物語っていますよね。

 

 

どうやら真のぶりっ子は考えなくとも
無意識のうちにこのようなぶりっ子行動が出てしまうようですが
男性のみなさんは、ぶりっ子とわからず翻弄されるのか
それともわかっていても翻弄されるのか…
気になる女性や周りの女性にぶりっ子がいないかを探してみると
面白い発見があるかもしれませんね。

スポンサードリンク

ぶりっ子キャラの芸能人は?

ぶりっ子キャラの芸能人
芸能界には昔からいますよね。

 

 

そのせいか、やはり女性ファンが少なく
男性ファンが多いというような
わかりやすいファン層を見る事ができたりと
ぶりっ子ならではの人気というものも
垣間見ることが出来るような気がします。

 

 

そこで軽くぶりっ子キャラの芸能人ランキングを
見て行きましょう。

 

 

5位 田中みな実

4位 芹那

3位 松田聖子

2位 小林麻耶

1位 さとう珠緒

 

誰もが代表的な「ぶりっ子キャラ」の芸能人ですよね。
特に松田聖子さんはぶりっ子の元祖ですし
さとう珠緒さんもぶりっ子キャラとして
人気を博しましたよね。

 

 

最近ではぶりっ子キャラも抑え気味になっているということもあり
田中みな実さんは5位にランクインしましたが
以前ならばもうちょっと上位に入っていたかもしれませんね。

 

 

今後もぶりっ子キャラの芸能人が出てくると思いますし
その人気やファン層にも注目していきたいですね!

    スポンサードリンク

    関連記事

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。